2007年03月04日

宝石物語&ももこのおもしろ宝石手帖(さくらももこ)

メインサイト天然石だいすき今までに読んだ天然石の本宝石物語



今までに読んだ事がある天然石について書かれた本についてレビューしています。
天然石関連の本のレビューを全部見るにはコチラから

今日とりあげるのはさくらももこさんの「宝石物語」「ももこのおもしろ宝石手帖」です。

iconiconももこの宝石物語 icon
【内容情報】 「地球の青色」をしたパライバ・トルマリンとの運命的な出会い。灼熱のスリランカで砂利の中から必死に原石探し。「宝石の街」インドのジャイプールでは、なんとマハラジャの宮殿へ!!母が持っている真珠は父ヒロシからの贈り物だった!?おなじみの家族も登場の、おもしろ宝石エッセイ22編。

【目次】 パライバ・トルマリンの巻/エメラルドの巻/ヒスイの巻/スリランカで見て考えたことの巻/スタールビーの巻/スターサファイアの巻/宝石の価格の巻/宝石のバーゲンに行くの巻/ももこ宝石の旅/トパーズの巻

セブンアインドワイで探すicon
オンライン書店ブープルで探す icon
楽天ブックスで探す

【読んだ感想】 さくらももこさんお得意のサラっと読めるエッセイ。
だけど天然石に関する知識もいっぱい書かれていて、私もこのブログを作る時ちょくちょく調べ物をしたりしています。
この本のヒットによって元々人気のあった「パライバトルマリン」の知名度がさらにあがりました。
カラーの写真も豊富で一見の価値あり!

パライバトルマリンはとても希少性が高く、高価です。
一度、宝石展示会で見たものは300万円でした。
しかし左のルース(裸石)の値段はもっと・・・・ッ
そして、さくらももこさんご本人も第2弾の書籍で書いているのですが、パライバトルマリンに次いでこの本を読んだ後欲しくなる宝石が「ムーンストーン」なんだそうです。

確かに。私も読了後MOIRAのペンダントヘッドが欲しくてたまらない・・。
どうにかならないものか・・・(?)

 「ちょっとイイ天然石のアクセサリーが欲しいけど、どんなものがあるかわからない。」っていう方から、詳しい方まで誰が読んでも楽しめる本。

ひとつの天然石との出会いがどれくらい素晴らしく、奇跡的なことか!
読んだ後はが欲しくてたまらない、という気持ちになっていると思いますよ。

iconicon ももこのおもしろ宝石手帖 icon

【内容情報】 宝石に興味がある人も無い人もみんな大爆笑な対談形式の本。

【目次】宝石への興味/パライバトルマリン/ルビー/サファイア/カラーサファイア/エメラルド/ヒスイ/アレキサンドライト/キャッツアイ/スタールビー・スターサファイア〔ほか〕

セブンアンドワイで探す icon
オンライン書店ブープルで探す icon
楽天ブックスで探す
【読んだ感想】 さくらももこさんと出版社の担当さんとの対談形式の本です。

この、ももこのおもしろ宝石手帖も↑の宝石物語と同じく、さくらさんの天然石に関する知識と軽快な語り口が絶妙で面白く読み進めます。個人的にスタールビーやスターサファイアについては参考になりました。

そして、扉絵になっている天然石の写真が本当に素晴らしいんです。日用雑貨とのコラボがテーマのようです。

すっかりおなじみになった宝石界でも有名な 岡本憲将 さんも登場します。

エッセイは暇つぶしに読む本、という感覚の方もいるかもですが、天然石だいすきな私にとってこの2冊は永久保存版で、月に一度は手にとって読みふけってしまいます。記事を書く時の参考本でもあります。

さくらももこさんには3冊目を期待しています!
【関連する記事】
posted by 管理人K at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今まで読んだ天然石の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35480808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。